離婚と言えば公正証書!?もう一度作る意味を考えてみましょう!

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 離婚


14-0626-01

おはようございます。
愛知県の行政書士 森智英です。

今回は、離婚時の「公正証書」作成について考えてみたいと思います。

つい先日ですが、お電話でご相談がありましたので、その際にご説明した内容を振り返ってお話ししたいと思います。

ご相談内容について

奥様からのお電話でしたが、離婚の意思を固めておられるようでした。
そして、離婚を成立させるに当たり、ご主人からは慰謝料等の金銭の請求をしたいといった趣旨でした。

更には、離婚協議書を作成して公正証書にしたいという希望も既に決まっておられました。

当方には依頼を前提で費用の問い合わせだったのですが、まずは、公正証書にまでするメリットがあるのかを見定めていただくようにお話しをしました。

以下がその概要です。

離婚協議書を公正証書にするメリット

公正証書にする目的は、双方で取り決めした内容を公に証明することができるということが第一の目的です。

そして、万が一その取り決めを相手が守らない場合でも、裁判を起こさずして執行力を持たせることができるのが最大のメリットと言えます。

通常は、裁判で争った上で債務名義(勝訴判決)を勝ち取らないと、相手の給与や預金などを差し押さえることはできません。

つまり、公正証書があれば、わざわざ裁判を起こす必要がありませんので、一つ手続きを省略できるという訳です。

公正証書にする費用や手間について

当然ながら、公正証書にするにも費用はかかります。

公正証書作成の手数料(費用)等は、政府が決めた公証人手数料令により、法律行為の目的価格に従って、次のように定められています。

離婚の場合は、慰謝料や養育費の支払い額を取り決めて記載されます。

原則として10年分の養育費、慰謝料、財産分与の合計金額が「離婚給付公正証書」の作成基準とされています。

100万円まで  5,000円
200万円まで  7,000円
500万円まで 11,000円
1000万円まで 17,000円
3000万円まで 23,000円
5000万円まで 29,000円

別途、用紙代等の雑費がかかりるなど、場合によって少しかわるので、実際の費用はお願いする公証役場の窓口で確認する必要があります。

また、当事者が公証役場に出向く必要がありますが、行政書士などの代理人を立てる場合には、その日当も必要になります。

相談者へのアドバイスとして

先述したように、公正証書にすることのメリットは確かに大きいです。

しかし、そもそも相手が約束を果たせなくなる原因としては、生活に困窮して支払い能力が無くなってしまう場合が考えられます。

そうなった場合に、いくら公正証書があるからと言っても、差し押さえる財産が相手に存在しなければなんの意味もありません。

無い袖は振れないのです。

公正証書にするまでもなく、離婚協議書を作成するだけなら費用もおさえられ、手間も少なく済みます。

また、行政書士などの法律家が間に入って離婚協議書を作成するだけでも、相手には心理的なプレッシャーを与えられるため支払われるケースも多くあります。

そのようにご説明をして、もう一度、公正証書を作成されるのかご判断されることをおすすめしました。

 

⇒ 協議離婚問題のご相談もお受けします。

 

円満な相続を送りたい人のための無料メールセミナーを提供しています↓↓

header-seminar07

関連記事

14-0405-01

離婚後の戸籍について、気になる子供との関係などを解説!

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。 今回は、離婚時の戸籍のお話しで

記事を読む

14-0303-01

離婚協議書の意外な使い方(笑ってサヨナラするために)

子供の頃は、好きな物しか見えませんでした。 おはようございます。 愛知県の行政書士 森智

記事を読む

14-0926-01
相続人の範囲と消息不明の相続人がいるケースの対応について

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0917-01
遺産相続でよくみる兄弟間でもめるケースとその対応について

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0911-01
示談書の書き方を伝授!トラブル防止の秘訣とは?

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0904-01
遺産分けの準備は大丈夫?遺贈と死因贈与の違いを解説します!

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0828-01
行政書士が言及する!各種営業許可等の申請が複数になるケースとは

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

→もっと見る

  • mori0422-7

    TSパートナー行政書士事務所 / 森 智英

    愛知県岡崎市に事務所を構え、各種許認可の申請代行から相続、離婚など暮らしに関わる問題なども法務的なノウハウを交えて解決のお手伝いをしております。
    愛知県内は無料にて出張訪問も致します。

    お節介で世話好きな性分を活かせる「行政書士」という仕事にはやり甲斐を感じ、法律家としての専門的なアドバイスやきめ細かいサポートを心掛けております。

    また、長年の営業経験で培った粘り強い交渉力を活かし、難題な申請業務であっても、許可取得の成果を上げております。
    お客様の利益のためには、申請窓口に何度も出向き協議を重ねるなどの努力は惜しみません。

    logo-link

PAGE TOP ↑