公証役場では思いどおりの遺言書が作成できるとは限らない理由

公開日: : 最終更新日:2014/09/10 遺言


14-0514-01

おはようございます。
愛知県の行政書士 森智英です。

今回も遺言書に関するお話です。

それも、公正証書遺言を作成するにあたり、事前に知っておいてもらいたい点をお話します。

内容を少し掘り下げてご紹介したいと思いますので、ぜひ最後までお読みください。

遺言書を作成する場合は、公正証書遺言をおすすめしています。

当ブログでも、何度か記事にしておりますので、まだ読まれていない方はこちらをご覧ください。→「遺言を使って最後の意思をしっかり伝えるためのポイントは3つ」「自筆証書遺言をマニュアル本通りに作成すると失敗してしまうケースとは

以前の記事にも上げておりますが、遺言(最期の意思)を伝え、それを確実に実行させるには、公正証書遺言が一番良いということは間違ありません。
※相続人の総意により確実にならない場合もあります。

では、公証役場に行って、遺言書を作ってもらえばいいんだ!と考えると思いますが、それはちょっと早計かもしれません。

というのは、公証役場では遺言者の本意にそった内容で遺言書を作成できるとは限らないからです。

語弊があるので言い直しますと、公証役場では、遺言者が「誰に何を残したいのか」については、きちんと法的な要件もクリアできる内容で作成できます。

しかし、ただそれだけで終わる可能性が高いということです。

何が問題なのか?

一見すると、先に述べたように「誰に何を残したいのか」を遺言書に記しておけば問題が無いようにも思えます。

ですが、もしも次のような事案であったらどうでしょう。。。

遺言者である父には、先祖代々から受け継いだ不動産が複数(計1億円)と現金5千万円あったとします。

そして、相続人は長男と嫁に行った妹だけであったため、長男に先祖代々の不動産を受け継いでもらいたいと考え、妹には現金の5千万円を渡すことを遺言書に記しました。

しかし、いざ相続が起こった時には、長男には相続税を払えるだけの現金がなく、嫁いだ妹にも頼りづらいという事情がありました。

そして、やむなく不動産を一部売却し、その代金から相続税を払うことを選択してしまいました。

これでは、先祖代々の土地を受け継いでほしいという、父の本意とは違う結果になってしまいます。

他にも、遺留分を侵害している内容であった場合などは、遺言者が望む結果にならないケースもあります。

このように、相続人間の個々の事情であったり、納税資金の面からも配慮したアドバイスなどは公証人からはもらえないことが一般的です。

専門家に相談されると安心です

いつも言うことですが、行政書士などの専門家に相談されることをおすすめしてます。

先述したような残念な結果にならないためにも、民法などの専門知識もあり経験から来るアドバイスがもらえる専門家に依頼されるのが一番安心です。

遺言書がスムーズに作成できるだけでなく、必要書類の収集も代行してしまえばその分も手間が省けます。

必要書類は意外と多岐に渡ります。(推定相続人となる者の戸籍謄本やそれ以外の者の住民票、固定資産の評価証明書など)

遺言書を作成する際には、一度ご検討してみてください。

 

⇒ 相続手続き・遺言書作成の専門サイトはこちら

 

円満な相続を送りたい人のための無料メールセミナーを提供しています↓↓

header-seminar07

関連記事

14-0826-01

自筆証書遺言と公正証書遺言の手続きについて徹底比較!

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。 今回も遺言に関する内容を書こう

記事を読む

14-0401-02

遺言を使って最後の意思をしっかり伝えるためのポイントは3つ

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。 人生の締めくくりに悔いを残さな

記事を読む

14-0716-02

遺言執行者の役割と選任するメリットについて

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。 最近では、遺言書を作成すること

記事を読む

14-0313-01

こんな事まで託せるの!?遺言書の使い方あれこれ

財団でも作ってみますか? おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

記事を読む

14-0225-02

遺言書のプロが教えるここだけは押さえたい3つのポイント

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。 遺言書を作成するまでには、大変

記事を読む

14-0418-01

自筆証書遺言をマニュアル本通りに作成すると失敗してしまうケースとは

簡単なパスタならお手のものです! おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です

記事を読む

14-0926-01
相続人の範囲と消息不明の相続人がいるケースの対応について

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0917-01
遺産相続でよくみる兄弟間でもめるケースとその対応について

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0911-01
示談書の書き方を伝授!トラブル防止の秘訣とは?

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0904-01
遺産分けの準備は大丈夫?遺贈と死因贈与の違いを解説します!

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

14-0828-01
行政書士が言及する!各種営業許可等の申請が複数になるケースとは

おはようございます。 愛知県の行政書士 森智英です。

→もっと見る

  • mori0422-7

    TSパートナー行政書士事務所 / 森 智英

    愛知県岡崎市に事務所を構え、各種許認可の申請代行から相続、離婚など暮らしに関わる問題なども法務的なノウハウを交えて解決のお手伝いをしております。
    愛知県内は無料にて出張訪問も致します。

    お節介で世話好きな性分を活かせる「行政書士」という仕事にはやり甲斐を感じ、法律家としての専門的なアドバイスやきめ細かいサポートを心掛けております。

    また、長年の営業経験で培った粘り強い交渉力を活かし、難題な申請業務であっても、許可取得の成果を上げております。
    お客様の利益のためには、申請窓口に何度も出向き協議を重ねるなどの努力は惜しみません。

    logo-link

PAGE TOP ↑